2017年11月12日日曜日

10月 ゲストの日

「解す・許す」に合うゲスト、、、と考えていて呼んだのは
振付家の友人、白神ももこちゃん。

彼女は、”コンプレックス”も愛おしいものにしてしまう、おおきなあったかい視点で人間を捉えている人です。このテーマにぴったり!
彼女の主宰するその名もモモンガ・コンプレックスというダンスカンパニーの作品に私も昔出演させてもらっていました。


 そんなももちゃんの日。
まずは、こどもたちがちゃんばらみたいなことをしていたので、そこから拾ってくれて
”遠くにいる人を倒すゲーム”にもっていってくれました。

まずは一人ずつ攻撃!!
 78点!!とか
 15点!!とか
 なかなかももちゃん倒れないので、みんなで!!!

それでも倒れない!!!


 で、みんなで会議して、チーム技

わ〜!!倒れたぞ〜!!!
(優しい、、笑)



それから、のれんに腕押し、の攻撃されてもわらいながら元に戻ってくる、というワーク。
 笑える強さってあるよなあ。

そのあとは人に寄り添うワークです
固まってしまった人と同じポーズをして、しゃべらないで動きを合わせて動き出すというもの。みんなが丁寧に空気を、意思を読みあっていました。


最後に、
からだのなかで自分の好きな所 /きらいな所/誰かから見てよいとおもう所/の三カ所にシールをはって、相手にみせるというワーク。


最初は2人でやって、バラバラになっていって、音楽がついて、男女で見せあって、、、



 愉快なダンスになってしまいました☆


ワークの後も、ももちゃんの考えた寄り添う氷鬼で遊んだみんな。
ももちゃんの朗らかな大きさに解されて、自分や他者を許せる力になったでしょう。◯

笑って許してしまうのが、いちばん幸せな気がします。
たのしかったなあ!!!

ももちゃん、ありがとうございました^^

10月 しぜんの日

しぜんの日は、やってきました、どんぐりの季節!!

ということで、今日も公園の出発!!!

 道すがらにいろんなことを教わりながら、どんぐりを拾います。
 こんなところにも。

 黄金虫の羽もみつけた!綺麗だね〜
 夕陽が秋満開
 いろんな形があるね、こなら、くぬぎ、木によって違います

 ジョロウグモ発見!!ジョロウグモの知識を聞いて、虫眼鏡で観察
触ったことのないこも、初挑戦していました!!ひとり、触れなかったけど、、、、


そのあとは、木のおにごっこをしたり、公園でからだをうごかしてから
帰路につきました*

帰ってきてから、みんな大好きコマ作り!!!
からのドングリゴマ大会!!!

 真剣に大盛り上がりでした^^

10月 造形の日


 10月のゆいちゃんの造形の日は、迷路を造りました!!!
 ロールプレイングゲームのようなHP(?)というパワーやアイテムをゲットしていく迷路を描く子が多かったので、「みんなが実際生きる上でゲットしたい力ってなに?」
と聞いてそれぞれ5つあげてもらいました。

優しさ、勇気、愛する力、、、など色々とでてきて、それぞれその子らしい力が一つづつ入っていて印象的でした。
ちょっとおこりんぼで、怒りの後に泣いてしまうの男の子が、テーマの日には、自分の嫌いな所で”すぐに泣いちゃう所”と書いていたのですが、この時にほしい力で最後の最後に”すぐに怒らない力”と言ってて、なんだか感動してしまいました。
ちゃんと自分の中の解すべき所をみつけたんだね

それぞれにつくった迷路は、繫がるようになっていて、最後は東山の迷路に辿り着きました。それは、死後の世界の迷路で、さんずの川をわたって、えんま様からの質問があって、、というものなの。
うそをついたことがある、でみんな地獄にいってしまって、でも蜘蛛の糸に助けられます。
”その蜘蛛は、みんなを想ってくれている人たちの想いの固まりなので、いつもたいせつにしてくれる人に、ありがとうといいましょう” というマスにいくと、みんながみんなにむかって「ありがとう」と言いあっていました。なんて素直であったかい子たちなんだろう。
それから、”死んでしまったけど、一言、だれかになにか言えるとしたら、誰になんて言いますか?”という質問では「お母さんに、産んでくれて、ありがとうって言いたい」とか「楽しかったよって伝えたい」とか。もう私は泣きそうでした。

”後悔していることは?”という質問ではみんな「ない!」笑
素晴らしいです。

そして、この迷路のゴールには私からのメッセージが書いてあります。


みんなに今を、生きていることを、大切にしてほしいなとおもって描いた迷路でした。◯

10月 空間の日



空間の日(さちえさんの日)は、「いじめ」をテーマに進めてくれました。


まずはゲーム。周りを読むゲームです。
1〜10まで、人とかぶらないようにいうというルール。

これが結構難しくて、性格がでます。笑
どんどん言ってしまって、人とかぶったりしてなかなかクリアできない。
でも、やっていくうちに、どんどん周りの様子をみれるようになってきたみんな。
いろんなひとのいろんな意思があることをこのゲームで感じられたかな?

 それから本題の
 いじめってなに?という話から。
まだいじわると、ふざけと、いじめとあまり違いが分からない様子のみんな。
 

そんなみんなに小学生が書いた、いじめの詩を読んでくれました。
とても集中しているみんな。

私(東山)もいじめられっこだったので、具体的な体験談を話しました。
その話も真剣に受け止めてくれました。


いじめられても、相手を許したりもできる
自分を責めずに許すことも必要
苦しかったらその場所を離れてもいい
 
たくさんのことを話しました。


そんなワークのあとに、最初のゲームをやってみると、なんだかさっきよりスムーズにできていました。こどもたちの感覚ってすごいなあ、、、


 みんなが相手を認め、許す力をつけていっているような気がしました。
 



10月 からだの日

「解く・許す」のからだの日

まずは、からだを解く、というので、マッサージから。
さちえさんの筋肉の固い所を 探します。
「ここ?」とさわるところが骨だったりして、
みんな意外と骨と筋肉の場所って知らないみたい。

ここは骨だよ、とか教えるとここは?ここは?と聞いてくる皆。
からだのことって興味あるんだなあ。


それから、”許す”からだ のワークへ。

みんなの前で「んも〜〜〜〜〜!!!」と怒ってみました。
それから「いいよ」と許してみました。

「からだ、どうなってるかな?」と問いかけて
怒っている時は力が入っている、許すときは力が抜けていることを理解したみんな。

(力を抜いて怒ってみると、全然怒れなくて、笑っちゃう。笑)
そこから身体の箇所箇所の力を抜くワークを。
みんなに歩き回ってもらって、全身をつかって歩く所から、
「くびの力が抜けま〜す」とか
「こんどは左足の膝!」と声をかけて、その部分に力を入れないで動くというもの。

当たり前のように使ってる身体ですが、一カ所力が使えないだけで、随分様子が変わります。







からだの一カ所の力が抜けながらの鬼ごっこもしてみました^^


その後は、力が抜けていく人を支える、動かすワークなど*

 操り人形になってみたり、ちからが抜けていく大人をどれだけ支えられるか、みんなで力を合わせたり。

許すには、周りの理解や協力も必要なのかもしれません。




素直にごめんね、いいよ、が言えたり、
相手の状況や考えを理解し、想像する力を持っていてほしいなと願います。

10月のテーマの日

10月のテーマは「解く・許す」



9月の繫がる・結ぶから、絡まってしまったときにどうするか、という流れです。
とても大きなテーマ。
許すことは対象を認め、尊重し、想いを理解し、受け入れること。
それは他者に対しても、自らに対しても。


まずは自分の中に入って絡まっている所をみてみよう、と鏡の中がスタートの東山作成の迷路をやってもらいました。 

その迷路には、もうひとりの自分(天使)からの問いが5つあります。
 嫌いなことは?
苦手なもの、ことは?
怒ってしまうのはどんなとき?
怒ってしまったら、どうする?
自分の中の嫌いなところは?
 その質問に答えながら、迷路を進んでいくと、明るいゴールに辿り着きます。
それがクリアしたら、からまった毛糸の中で怒っている自分の札を解いて、笑顔にしていきます。自分の嫌いな所とかも、裏を返せば特徴のひとつで、コンプレックスもチャームポイントになったりするんじゃないかな、と思ってそんなアイテムをつくりました。


具体的に解く、という行為を通してみんなテーマについて体得していたみたいです。
自分の苦手なことや嫌いなところ、ネガティブなイメージに目を向けるのはおとなだってなかなか難しいですが、みんなしっかり向き合ってました。


最後、ゴールのところにもうひとりの自分(天使)の台詞をかく欄があったのですが、
Tちゃんが、「教えてくれて、ありがとう」と書いていて、なんだか胸がきゅっとなりました。そんなみんなに丁寧に寄り添っていきたいです。

2017年9月30日土曜日

9月ゲストの日

9月のゲストは、去年から来てくれている大小島真木ちゃんです^^

まず真木ちゃんがいろんなところで描いてきた絵について説明を受けます

様々な国で、その場所文化風土から絵を描き出す真木ちゃん

インドや中国や屋久島の写真と作品をみながら
「ここは水がある?」
「水があると、ないでは大分ちがうよね?」
などど、様々な場所の風土についていろいろと聞かせてくれました。


そして、光、水、風、火、地、、、、、などなど、言葉からどんどん連想していく、
というワークを


ひとりひとりの連想がどんどんつながって、また違う言葉とも繫がりはじめます。




宇宙、というワードから、宇宙の子、
地球、というワードからも、地球の子、宇宙の子

と同じ言葉がでてきたことに感動。。

それを根底でわかってるなら、大丈夫だ。さすが寺子屋のみんな。


 ******

ひさしぶりの真木ちゃんの日が9月の最後。
そして、Kくんの最後の日。

終わった後にみんなでパーティーをしました。

わたしからのプレゼントは、日本の文化、日本の遊びが大好きなKくんへ
「寺子屋カルタ」を手作りしました。海の詩集の巾着にいれて。

 この1年半の寺子屋の思い出をカルタにしました。
みんな「あったあった、やったよね〜」なんて笑いながらとても真剣にとても楽しくカルタを楽しんで最後の時間を惜しんでいました




最後の「ん」は、
「んじゃ〜また!! きっと会おうね 約束だ」
この絵札みたいに最後笑顔でバイバイしてくれたkくん。
 寺子屋での時間の記憶があたたかいお守りのようになってくれることを願って。

 さみしいけれど、 きっとまた会おうね!!